座談会

座談会

クリタスってどんな会社?職場のムードや環境は?
若手社員が集まって、お互いのホンネを語ってもらいました。

座談会に集まったのは、若手社員4名。
官公庁への営業担当者、民間企業への営業担当者、そして水処理施設の設計者、
さらに、新商品の実証実験&カスタマイズ担当者と、バラエティ豊かなメンバーが揃いました。
ビジネスパーソンとして、またエンジニアとして、伸び盛りの彼ら。そのホンネに迫ります。

テキストがはいり。

水処理部門
営業二部 営業一課
2012年入社白川 遼

茨城支店を拠点として、民間の水処理施設における運転管理や、メンテ・薬品などの営業を担当。

テキストがはいり。

生産部門
設計二部 設計二課
2014年入社寺崎 惟代

水処理施設の建屋や地下水槽などの建築設計を担当。二級建築士。目下、一級建築士の資格取得を目指し勉強中。

テキストがはいり。

生産部門
商品開発プロジェクト 商品開発チーム
2015年入社鈴木 拓也

新商品を水処理施設へ導入する際に必要な、実証実験やカスタマイズを担当。設計者と共に2016年度社長表彰を受賞。

テキストがはいり。

装置部門
装置営業二部 営業一課
2010年入社川田 一彰

神奈川・千葉県下で官公庁への営業を担当。昨年まで社会人ラグビーチーム「栗田工業ウォーターガッシュ」に在籍。

クリタスを選んだのはなぜですか?

テキストがはいります
鈴木
僕は大学で化学を勉強していたんですが、当時受けた講義で、「世界では淡水を確保することが難しくなってきている」と聞き、衝撃を受けました。そこから問題意識を持ち、環境に貢献できる仕事をしたいと、クリタスへの入社を志望しました。
寺崎
私も、大学での研究から、環境に興味を持つようになりました。建築学科で都市エネルギーの有効利用について学んでいて、将来は環境、特に水処理の仕事に興味があったので、クリタスの採用試験を受けました。
白川
僕も鈴木さんと同じく、大学で化学の勉強をしていたので、水処理にとても関心があったんですね。クリタスは、水処理業界トップクラスであるクリタグループの公共部門を担う会社ですし、基盤がしっかりしているので、いろんな仕事に幅広くチャレンジできるのでは、と思ったのも理由です。
川田
僕は、高校・大学と打ち込んできたラグビーが縁で入社しました。クリタスの社員として、クリタグループのラグビーチーム「栗田工業ウォーターガッシュ」に在籍していました。今はラグビーを離れ、神奈川・千葉県内にある官公庁のお客様を中心に営業マンとして頑張っています。
テキストがはいります

実際にクリタスに入社して、どんな印象を持ちましたか?

テキストがはいります
白川
学生時代にイメージしていた「仕事」というものは、もっとビジネスライクで冷たいイメージがあったのですが、実際には、職場やお客様など周りの方々から沢山のアドバイスや協力をいただけますし、相手の方のために一生懸命貢献すると、すごく嬉しいリアクションが返ってきて。「仕事って、やっぱりコミュニケーションなんだな」と日々感じています。
鈴木
よく、就職前から具体的なイメージを持ち過ぎると、それと違った時に「ゼロか100か」という考えになって挫折するケースがあると聞いていたので、僕はなるべく先入観を持たないようにしていました。実際、今の仕事は、大学で学んだ化学の知識や技術を活かせていますし、自分のやりたいことや僕の適性にとても合っていると思いますね。
川田
上司も気さくな方が多く、話しやすくて風通しがいいですね。仕事だからと割り切った関係じゃなくて、「人」として接していただいている感じです。あと、学生時代には、社会人になったら忙しくて、プライベートな時間はかなり減るんだろうなと思っていたら、実際そうでした(笑)
白川
ですよね~(笑)。
鈴木
確かに(笑)。
寺崎
私は逆に、社会人は意外と時間があると思いました。一級建築士を目指して夜間に学校へ通っています。時間は作ろうと思えば、作れるものだなと。
鈴木
すごい! 社会人にとって、タイムマネジメントがとても重要ってことですね。
白川
勉強させていただきました(笑)。
テキストがはいります

仕事を任されるようになるまでは早かったですか?

テキストがはいります
川田
とても早かったですね。事務部門から営業部門に異動して、しばらくは先輩に付いてお客様のもとへ訪問していましたが、デキると見られたのか分かりませんけど(笑)、数週間で新規営業先の開拓に出されました。
白川
僕は、最初の配属先が、工場における運転管理の現場だったのですが、配属2か月後には昼間に1人だけでの勤務を任されました。初めは何かトラブルが起きたらどうしようと心細かったのですが、だんだん羽が伸びてきて(笑)、自分なりに効率のいいやり方を試してみたり、時間の有効利用を考えられるようになりました。
鈴木
私も早かったと思います。自分は商品開発の部署ですが、半年ぐらいで、社内の他部署や栗田工業の担当者の方との打合せに、課を代表して1人で出席させていただいていました。
寺崎
そうなんですか…。私は入社4年になりますが、自分の判断で仕事を進められるようになったのは、ここ1、2年です。今は、「この工法で行こう」とか、「この壁、何色で塗ろうかな?」とか、比較的自由に設計できる機会が増えてきました。少しずつ頼られてきているのかな?(笑)。
川田
設計という職種は専門的だから、なかなか全てが思い通りにできるまでには時間がかかるよね。それでも、若い人にどんどんチャンスを与えてくれる会社だし、実力次第で早く成長できる環境が整っていると思いますね。

例えば、教育研修のサポートはどうですか?

テキストがはいります
鈴木
クリタスは、特に中堅・若手の育成に力を入れていると感じます。階層別はもちろん、部門ごとの研修もありますし。
川田
そうですね。僕のいる装置関係の営業部門では、年に3回、全体が集まって1泊2日のロールプレイング研修があります。実際にアポイントを取るところからはじまり、先輩社員がお客様役になって応対の練習をします。そして、会社に帰って上司に報告するところまで演習するんですよ。他の方の営業スタイルや、自分では気づかない弱点が分かって、とても勉強になります。
白川
うちの営業部門でも、具体的な業務に即して、こういった場合はどうするのか、グループトークで情報共有を行ったりしていますね。
寺崎
設計部門では、年に2回、不適合事例を学ぶ研修があり、どのポイントでどんなミスが発生しているのかをみんなで共有して、再発防止を図っています。あと、上司から「勉強してきなさい」と言われ、1か月ぐらい福井県の鉄骨工事現場に入ったことがありました。ウォータースライダーが組み上がっていく過程で、ここに着目せよと課題まで与えていただいて、試されていると感じる半面、育ててくれているんだと思いました。
鈴木
キャリアアップといえば、「資格取得支援制度」も社員には大きなメリットですね。受験費用などを会社が全額負担してくれて、日当・交通費も支給してもらえるんですよ。複数回のチャレンジが認められ、取得できると資格に応じた報奨金が出ます。
寺崎
私もこの制度を利用して、年間1つは資格を取得するようにしています。
白川
資格を取得できる上に、報奨金がもらえるのは嬉しい制度だよね。

福利厚生制度は充実していますか?

テキストがはいります
寺崎
そう言えば、栗田共済会の「保養施設利用補助金」の制度って使ってますか? 私は今月これを使って旅行に行くんですけど、年間1人・1万8000円まで宿泊費の補助が出るんですよ。
川田
えっ、そうなの? 知らなかった…。
白川
「スポーツ補助金」もありますよ。僕は、これで1泊2日でスノボに行きました。とにかく、福利厚生は非常にしっかりしていると思います。栗田健康保険組合や栗田共済会は、クリタグループという大きな母体で運営されていますし、独身寮や社宅・家賃補助制度もあり、会員リゾート施設も利用できます。さらに、定年再雇用制度もあるので、これから世界的にますます環境へのニーズが高まっていきますから、定年後もお世話になれそうですね。
川田
僕ももう一度、福利厚生のハンドブックを読み直さないと。
寺崎
それに、女性の課長や事業所長もいらっしゃいますし、実際、産休・育児休暇を取得して仕事に復帰された方も大勢いて、女性にとっても働きやすい会社だと思います。有給休暇も取りやすいですね。
白川
確かに、「有休を取らせてください」と言って、断られることはないですね。むしろ、夏期や年末年始に有休をできるだけ取るよう求められているぐらいです。リフレッシュさせてもらえるのも、クリタスのとてもいいところだと思います。
テキストがはいります

これから入社される後輩へのアドバイスをお願いします

テキストがはいります
寺崎
クリタスでは資格取得を目指して勉強している方が大勢いらっしゃるので、向上心を持って頑張りたいという方には、最高の環境だと思います。それから、私の居る本社7階では、午後3時から10分間、ヒーリングミュージックが流れる休憩タイムがあります。入社された際には、ぜひいっしょに、お茶とおやつを囲んでおしゃべりしましょう。
白川
いいなー。僕も本社を訪ねた時に参加したい(笑)。クリタスは、周りの方が何かと面倒をみてくれる会社で、僕も何度も助けられています。新入社員には、マンツーマンで先輩社員が小まめにサポートしてくれるので、仕事や職場にすぐ馴染めると思いますよ。
川田
社会人になる時に、自分はどんな仕事に向いているのか適性を見極めるのは、なかなか難しいかもしれませんね。クリタスなら、「ジョブローテーション」のしくみがあるので、若いうちにさまざまな職種を体験できます。当社で、ぜひ自分に合った仕事を見つけてほしいと思います。
鈴木
年齢やポジションを問わず、会社への貢献をストレートに評価してくれるのも、クリタスのいいところだと思います。私自身、性能アップした水処理装置の納入が評価され、設計者の方と一緒に「2016年度社長表彰」をいただきました。ぜひクリタスに入社して大いに活躍してください!
テキストがはいります
テキストがはいります